本文へスキップ

歯医者では虫歯になってしまった奥歯に詰め物を入れることがあります。

保険外のインレー

ゴールドインレー


歯科医院で作られる歯の詰め物/ゴールドインレー

ゴールドインレーとは金合金や白金加金で作られたインレーです。この貴金属は錆びにくい特性があるため、保険の金属の問題点であった金属の溶け出しに よる歯や歯ぐきの変色、金属アレルギーなどの問題が起きにくくなります。金属の中でもとくに強度が強いので、強い力のかかる部位にでも使用でき、 二次的な虫歯にもなりにくいというメリットもあります。ただし金属なので見た目が良くないと感じる人もおり、保険外治療のため値段が高いというのが デメリットとなるでしょう。ゴールドインレーの値段は3〜5万円くらいが目安になります。 歯科医院の中には保険で使用する金銀パラジウム合金やニッケルクロム合金などの金属を、保険外で使っているところもありまする。

セラミックインレー

セラミックインレーとは、陶器や焼き物で出来た白色のインレーです。見た目は最も美しいのですが欠けたり割れやすいという欠点があります。 見た目が良いだけでなく変色もほとんどしない、プラークなどの汚れが付きにくい、と審美的にも優れています。 金属を使用していないので金属の溶け出しによる歯や歯ぐきの変色、金属アレルギーなどが起こる可能性もありません。 しかし金属でなく陶器ですので、硬いものを噛むと割れでしまうこともあります。歯を削る量が多く、術者のテクニックによる差が出やすいという難点もあります。 一般的なセラミックインレーの値段は3〜5万円くらいが目安でしょう。


ハイブリッドセラミックインレー

ハイブリッドセラミックインレーとは、セラミックの粒子とレジンを混ぜ合わせたもので作られたインレーです。 セラミックインレーよりも柔らかく周囲の歯にダメージを与えにくいというメリットがありますが、色調は多少劣り経年的に変色してしまうので審美的にはやや劣ります。 これも金属を使用しないので金属の溶け出しによる歯や歯ぐきの変色、金属アレルギーなどが起こる可能性がなく、硬すぎないことも噛み合う歯を痛めにくというメリットがあります。 しかしすり減りやすいというのはメリットでもあり、デメリットでもあります。一般的なハイブリッドセラミックインレーの値段は3〜5万円前後でしょう。