本文へスキップ

歯医者では虫歯になってしまった奥歯に詰め物を入れることがあります。

コンポジットレジン

レジン充填

歯科医院で作られる歯の詰め物/レジン充填

レジンは歯科治療でも頻繁に使用されている材料で、歯医者の間ではレジンを詰めることをレジン充填、略してレ充とも呼ばれています。 レジン充填は保険の適応される治療法ですが、歯科医師の持つテクニックの差が非常に出やすいため、歯科医院によっては保険外でレジン充填を行なっている場合もあります。 レジンは虫歯の治療だけではなく、歯に盛り足してすきっ歯を治療したり欠けた歯の形態を回復させたり、 金属の部分をレジンに置き換えることで金属アレルギーの予防や審美的な改善をするなど様々な用途で使用されます。 コンポジットレジン充填の治療費は、保険が適用される場合で800〜1,000円程、保険外の場合で1万円〜5万円程になります。


メリットは手軽さ

コンポジットレジン充填のメリットは、広く使われている理由でもありますが、色が歯に似ているので見た目が良いというのがあるでしょう。 そして歯を削る量が少ないため、多くの場合で1〜2回の治療で終わります。治療期間が短いというのもかなりのメリットとなるでしょう。 金属を使用しないというのも、金属の溶け出しによる歯や歯ぐきの変色、金属アレルギーが起こる可能性がないので安心できます。 リペアも比較的簡単で保険適用の場合は治療費も安価になりますので、定期的に修理をすることもなっても金銭的な負担は大きくないでしょう。


レジン充填の耐用年数

コンポジットレジン充填のデメリットは、時間が経つと変色して審美的にも見た目が悪くなってくることがあります。 強度もそれほど強くないので噛み合わせが強いと欠けてしまうこともあります。 歯科医の技術によって見た目や耐用年数が大きく左右されるというのも、デメリットといえるでしょう。 コンポジットレジン充填の耐用年数は、一般的に材料そのものの劣化が起こるまでの年数が2〜3年で、何らかのトラブルが起こるまでの平均使用年数は約5年です。 中にはトラブルが起きないままの人もいますので、実際の平均使用年数はそれよりも長くなると考えられます。