本文へスキップ

歯医者では虫歯になってしまった奥歯に詰め物を入れることがあります。

歯の詰め物

インレーの種類

歯科医院で作られる歯の詰め物/インレーの種類

インレーには金属で作られたものやプラスチックで作られたレジン、セラミックや陶器で作られたものなど様々な種類があります。 保険が使えるものと保険外でしか使えない材料があり、値段もかなり変わります。保険外の詰め物は高額なものもあり、歯科医院によって取り扱っていない物もあります。 保険では銀色の金属や変色するプラスチック製のレジンしか使うことができませんので、審美的には保険外の詰め物の方が自然に見えるために人気があります。 ですが保険外の材料を使っても、天然の歯と全く見分けが付かないような詰め物を作るには高度なテクニックが必要となりますので、 どこまで審美的な治療ができるのかは歯科医院の医師の技術によって大きく異なります。


保険外治療

一般的には保険の使える詰め物の寿命は、保険外の場合と比べると短くなりがちです。だからと言って保険外治療であれば必ずしも美しさや寿命が長持ちするとは限りません。 保険外で審美的な詰め物を作ってもらう際には、その歯科医院で行った過去の症例写真を見せてもらったり、 出来上がった詰め物に納得できなかった場合の保障について話を聞いておくとよいでしょう。 治療後に出来栄えを見て、あとでガッカリしたりトラブルにならないようしっかりと確認しておくことをお勧めします。 保険外での治療を受ける場合には、歯医者側が何年の保障をしているのかについても事前に聞いておくことをお勧めします。


治療費・料金

保険の使える詰め物の治療費は、初診料なども含めて3,000〜5,000円程度です。保険外の詰め物の場合は料金設定にガイドラインは一切なく、 各々の歯科医院が独自に価格を設定していますので歯科医院によって大きな差がありますが2〜5万円程でしょう。 また独自に料金設定できるため、料金だけで技術を見極めることは困難です。治療費だけで見ると保険の使える詰め物の方が安いのですが、 その歯科医院で受けられる治療内容まで含めて考えてどちらにするか選びましょう。 良い治療を受けようと思うのであれば、患者自身が腕の良い歯医者を慎重に見極めることが必要となります。 また保険のインレーには保障期間はありませんし保険外のインレーの保障期間は歯科医院によって異なりますので、治療前に確認をしましょう。


ナビゲーション

すまいる歯科インプラントクリニック
岡崎市・豊田市のインプラント治療はすまいる歯科へ。専門カウンセラーが応対いたします。
http://mikawa-implant.com/