本文へスキップ

歯医者では虫歯になってしまった奥歯に詰め物を入れることがあります。

歯科医院で受ける詰め物の治療について紹介するサイト『歯科医院で作られる歯の詰め物』

『歯科医院で作られる歯の詰め物』ではいろいろな歯の詰め物について解説します。

歯の詰め物

  • 歯科医院へ虫歯の治療へ行くと、虫歯が小さい場合にはその虫歯の部分のみを削り取り、詰め物(インレー)を詰めることもあります。 虫歯の大きさや噛み合わせの状態によっては、詰め物ではなく被せもの(クラウン)による治療となることもあります。

コンポジットレジン

  • コンポジットレジン充填とは、虫歯の部分を削った後にコンポジットレジンという歯科用プラスチックを詰める治療法です。 コンポジットレジンは保険治療を行う際に最もよく使用される材料です。
名古屋の緑区の小児歯科さんは、お母さんの味方!託児所(予約制)が院内にあります。
伝治山歯科は、小さなお子様を治療中預ける事ができて安心です。
http://www.denjiyama.com/facilities/index.html#kids

メタルインレー

  • メタルインレーは主に奥歯の詰め物として使用される銀色の金属のインレーです。多くの場合で金銀パラジウム合金という金属が使用されます。 金銀パラジウム合金を使ったインレーは一応保険適応なのですが、歯科医院によっては保険外で治療を行なっている場合もあります。

保険外のインレー

  • 保険外だと必ず金合金や白金加金などの高額な材料が使われているというわけではありません。保険外でも保険と同じ金属が使われている場合もありますので、 歯医者や衛生士に金属は何を使っているか聞いてみてください。金属の種類によって保険の金属か保険外の金属なのかを見分けることが出来ます。
いずみ歯科クリニック(春日井市)
インプラント・小児・矯正・入れ歯・ホワイトニングなど、患者さんのお口に関するお悩みをお伺いいたします。どんな些細なお悩みでも、ぜひお聞かせください。
http://www.izumidc.com/